活版印刷(レタープレス)

アプト レタープレスでは昔ながらの印刷方法の活版印刷(レタープレス)で招待状・席次表をお作りしています。

活版印刷(レタープレス)は歴史上とても古い印刷方式です。

凸版、平版、凹版、孔版という印刷種類のなかで活版印刷は凸版印刷のひとつとなります。

 

活版印刷の原理はハンコやスタンプと同じで、樹脂(又は金属)で出来た版にインキを塗り、紙に押し付け印刷する印刷方法です。

70年代以前は活版印刷が主流でしたが、70年代以降から現在まで高速、大量の印刷に適しているオフセットが印刷が主流となり、活版印刷はほとんど使われる事がない印刷方法になってしまいました。

 

アプト レタープレスでは、テキンという手動式の活版印刷機で1枚1枚心を込めて印刷しています。

その特徴は印刷時に出来る【凹み】と【かすれ】です。大量印刷では出せない味わいと暖かみが最大の魅力です。

テキンは1枚紙を入れ、版を押しつけ(ここの押しで凹みが出来ます。)、紙を取り出し、きれいに印刷されてるかチェックし、また紙を入れ・・・を繰り返します。とても時間も手間もかかる作業です。2色の場合は1色目の印刷が乾いたら、版を変え、インキを変え同じ作業を繰り返します。3色はこの手間が3倍になるという事です。とても手間がかかりますが、その仕上がりは普通の印刷にはない暖かみや味わい、存在感があります。

まさに結婚式のペーパーアイテムにぴったりの印刷方法かと思います。